English
笑気鎮静法を導入しました
  • インプラント IMPLANT
  • CT COMPUTRD TOMOGRAPHY
  • 審美修復 RESTORATION
  • ホワイトニング WHITENING
  • デンタルエステ DENTAL ESTE
  • 口臭治療 BAD BREATH DEPARTMENT
  • 院内設備 FACILITIES
  • 静脈内鎮静法&PRP THE SEDATION METHOD & PRP
  • 治療費用 EXPENSES
  • 院長紹介 DOCTOR
  • アクセス ACCESS
院長ブログ

スタッフブログ

静脈内鎮静法(じょうみゃくないちんせいほう)とは

歯科治療に対してどんなイメージをお持ちですか?

 歯を削る時の"キーン"という音がイヤ
 麻酔注射が苦手
 歯を抜く時の引っ張られるような感覚が怖い

不安や恐怖心を和らげ、患者さんに快適な診療環境を提供する方法が静脈内鎮静法です。

 怖くて歯医者に行けないと、人知れずお悩みの方
 お体の病気が気がかりで、安心して歯科治療を受けられない方
 麻酔をするとドキドキして気分が悪くなるため、少しの痛みなら我慢してしまう方
 歯みがきや食事は問題なくできるのに、お口の中に治療器具が入ると“オエッ”と吐きっぽくなる方

歯科治療に対してそれほど強い恐怖心はなくても、インプラント手術や親知らずの抜歯など、リラックスして楽に治療をお受けになりたい方にも是非オススメします。

静脈内鎮静法ってどんな状態になるの?

血圧や呼吸を監視しながら、点滴から少しずつお薬を入れます。

数分してお薬が効いてくると眠くなります。ただし、全身麻酔のように意識がなくなることはありません。「お口を開けてください」といったこちらからのお願いにも応じることができ、会話をすることも可能です。感じ方は人それぞれですが、お酒を飲んでほろ酔い加減のような、うたた寝をしているような感覚です。

どんな効果があるの?

 不安や恐怖心が薄れ、リラックスして治療を受けることができます。
 血圧や脈拍が安定します。処置中は自動血圧計などを使って、患者さんの状態を常に監視していますので、お体の病気が気がかりな方も安心して治療を受けることができます。
 健忘(けんぼう)効果があるため、実際よりも処置時間が短く感じられます。処置を終えた患者さんからは、「もう終わったの?」、「気づいたら終わっていた」という声がかれることも少なくありません 。
 通常の歯科治療と同じように、処置をする部分に対しては、痛み止めが必要ですが、それ自体を覚えていない方もいるほど、痛みも軽く楽に受けることができます。
 点滴をしているので、患者さんの変化に即座に対応することができます。
 異常絞扼(こうやく)反射、つまりお口の奥に器具が入ると“オエッ”と吐きっぽくなる方にも有効です。
静脈内鎮静法を受けられる施設は、少しずつ増えています。
とくに、歯がなくなった部分に人工歯根を入れるインプラント手術の時によく行われています。

実際にインプラント手術を受けられた患者様からは「痛くないまま手術が終わっていた!」という声をよく聞きます。

【静脈内鎮静法が適応となる方】

 歯科治療に対する不安や恐怖心が強い方
 歯科治療中に気分が悪くなったり、脳貧血を起こしたことのある方
 高血圧症、心臓病、糖尿病などの全身的な病気をおもちで、全身管理が必要な方
 絞扼(こうやく)反射が強い方(お口の奥に器具が入ると“オエッ”と吐きっぽくなる方)
 リラックスして、楽に歯科治療を受けたい方

厳守していただきたいこと

風邪などで体調がすぐれない場合には、事前に連絡してください。
処置当日は、処置開始4時間前から飲んだり、食べたりできません。
これは、処置中に嘔吐した場合、吐物が気管へ流れ込むのを防ぐため です。必ず守ってください 。
処置当日は、締めつけの少ない楽な服装でおいでください。 モニターの誤作動の原因になりますので、ストッキングの着用は避けてください。また、全身状態を正確に把握するために、化粧、マニュキュアは落としてください。コンタクトレンズは、処置中は外してください 。
帰宅の際、自動車、バイク、自転車などのご自身での運転は避けてくだ さい。公共交通機関をお使いいただくか、もしくは付き添いの方による 送迎をお願いします 。
帰宅後、再び眠気やふらつきが出ることがあります。その場合は、無理はせずに横になってお休みください。
静脈内鎮静法は予約制で自費診療になります。

PRP(多血小板血漿)

photo1
PRP(多血小板血漿)とは、platelet rich plasmaの略で、歯周組織再生療法の1つです。

PRPは血液中の血小板を高濃縮した血漿で、主にインプラント治療に伴うGBR(骨再生誘導療法)の際や、歯周病のフラップ手術の際などに使用されます。

PRPを使用することで、PRP中の血小板からPDGF、TGF-β、VEGF、EGFなどの成長因子が放出され、それらの成長因子が組織を再生させる細胞を活性化させることによって、治癒の促進、痛みの軽減などの効果があると言われています。

PRPは予約制で自費診療になります。

インプラント治療で入れ歯のない快適な毎日を手に入れるなら高野歯科。患者様に最も適した治療法で、共によりよい生活を目指していきます。
Copyright (C) 2011 高野歯科医院 All Rights Reserved.